副作用かな?と感じたらまずは主治医に相談。

知り合いの精神科医いわく

『合う・合わない、効く・効かないは人それぞれで、実際に飲んでみないと分からない事が多い』のだそうだ。

『それでも、僕ら精神科医は1人1人の患者さんの症状が、少しでも緩和するように全力で薬の組み合わせを考える。だから、副作用も含めて、あれ?っと思ったら、どんなに些細な事でも言って欲しい』との事。

『薬の飲み忘れやODしてしまった場合も、遠慮せずに話して欲しい。精神科医は慣れっこだから、僕らは叱りつけたりはしない。』んだそうだ。

『カウンセラー同様、精神科医にも合う・合わないがあるから、合わないと思ったら遠慮なく言って欲しい。合う精神科医にかかって貰えるなら、僕らは紹介状をいくらでも書く』

『大丈夫じゃないのに、大丈夫と言って無理して頑張らないで欲しい』

精神科医の先生も色々と悩みは尽きないんだな・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください