その昔、福田健先生の『話し方研究所』に通っていた時の話。

受講者は『話ベタを克服したい人』やら、『良くスピーチを頼まれる社長さん』やら『地方局の現役アナウンサー』と様々。

実践・実習がメインだったので、アナウンサーの話し方は『さすがプロ』と言う感じだった。

ところが、話す事を生業としているプロ中のプロであるはずの、アナウンサーの話はちっとも心に刺さらなかった。と、言うか、かすりも引っ掛かりもしなかった。

例えて言うなら、作業をしなからラジオやテレビを『聞き流し』ている感じ。

かと思えば、たどたどしい話し方なのに『伝えたい気持ち』が強く心に響いて、思わず涙したり・・・

『伝える』ために、テクニックやスキルは『あるに越した事はない』が、何よりも大切なのは、『伝えたい気持ち』がベースにあってこそなのだと実感した。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください