友人と待ち合わせをした際に、何の連絡も無く1時間待たされた時の話。

5分経過・・・誤差、誤差

10分経過・・・あれ?電車でも遅れてるのかな?

30分経過・・・もしかして、私が待ち合わせ時間を間違えた?(スケジュール帳を確認)

45分経過・・・途中で何かあったのかもしれないと急に不安になる。(電話を掛けるも電源が入っていないのアナウンス)

1時間経過・・・『美容院行ってたから遅くなっちゃったぁ~』とキレイにセットされた髪をサラサラとなびかせながら、友人到着。

話し方研究所に通うまでの私なら、持っていた選択肢は2つ

①『遅れるなら連絡くらい寄越せよ!それくらい常識だろ!?』と言う苛立ちを隠しながら『気にしなくていいよ』と伝え1日ムカムカしながら過ごす。

②怒りに任せて『遅れるなら連絡くらい寄越すのが常識でしょ?』と言い放って、1日気まずいまま過ごすorブチギレで帰る。

だが、話し方研究所に通っていた私は①②以外の選択肢を手に入れていた。

『今日1時間遅れたじゃん?途中で事故にでもあったのかと思って、すごく心配したんだ。遅れるのは構わないけど、遅れる時に一言、電話なりメールで連絡を貰えると、安心して待っていられるから、今度からそうしてくれると助かる。』

友人『あ、本当にそうだね。心配掛けて本当にごめんなさい。今度からそうするね。(o´・ω・`o)』

私『判ればよろしい(笑)』

以降、遅刻クセは相変わらずだけど、遅れる時には必ず連絡をくれるようになった。

一般的には常識とされている『遅れる時には連絡をする』と言う事を、彼女は『誰からも教わる機会がなかったんだろうな』と、不思議と許す事が出来た。

その出来事がきっかけとなって『自分にとっての常識』が、必ずしも『相手との共通の常識とは限らない』と気付き『我慢せずに、伝え方を工夫する』と言う武器を手に入れた気がする。